トップ環境調和に向けた取組み建設機械の排出ガス規制



 今、人類は地球規模での環境問題に直面しています。建設機械は美しい自然環境を子孫に受け継いでいくため、環境負荷のより少ない機械や資源リサイクルを目的とした機械の開発など環境に優しい機械作りにさまざまな努力を重ねています。

  「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」への対応に取り組んでいます
 (社)日本建設機械工業会では、国や関係団体、会員各社等と協力し「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」を遵守するため、様々な普及活動を行っております。
 建設機械の適正な使用を通じ、かけがえのない環境・資源の保護をお願いいたします。
適正燃料使用の普及に向けて (tekisei.pdf サイズ:1.22KB)
 

  低騒音・低振動・低排出ガスの機械の開発を進めています
 建設機械産業は、都市における工事など工事現場周辺の住民の皆様の生活を守るため騒音、振動、排出ガスなど環境負荷のより少ない機械の開発を進めています。  現在、欧米レベルの基準値で建設省が認定する低騒音型や排出ガス対策型の建設機械が続々と市場に投入されており、更に21世紀初頭の実施に向け、欧米と同様に建設省や環境庁で騒音、排出ガス等環境対策の規制強化が検討されていますので、これに応えるためのさまざまな技術的課題に挑戦しています。


  建設機械と排出ガス規制について












がついているものはPDFファイル形式になっております。閲覧にはAcrobat Readerが必要です。まだお持ちでない方は、Acrobat Readerをダウンロードしてから閲覧願います。

▼インデックスへ戻る