平成30年8月31日
一般社団法人 日本建設機械工業会
統計調査部会
建設機械出荷金額統計
 
2018年7月度建設機械出荷金額統計まとまる

 
 7月の建設機械出荷金額は、内需は11.4%減少の755億円、外需は17.9%増加の1,408億円、総合計では5.7%増加の2,163億円となりました。その結果、内需は11カ月連続の減少、外需は21カ月連続の増加となりました。総合計では21カ月連続の増加となりました。

 内需について機種別に見ると、ミニショベル6.3%増加の73億円、トンネル機械、基礎機械45.0%増加の36億円、油圧ブレーカ圧砕機15.0%増加の17億円、その他建設機械35.1%増加の64億円の5機種が増加したものの、その他5機種と補給部品が減少し、内需全体では11.4%の減少となりました。

 外需について機種別に見ると、トラクタ0.7%増加の130億円、油圧ショベル26.3%増加の542億円、ミニショベル10.3%増加の187億円、建設用クレーン33.6%増加の78億円、コンクリート機械27.3%増加の1億円、油圧ブレーカ圧砕機16.5%増加の9億円、その他建設機械23.3%増加の221億円の7機種と補給部品12.4%増加の209億円が増加しました。地域別に見ると、アジアが3カ月連続の増加、中国が10カ月連続の増加、オセアニアが13カ月連続の増加、欧州が17カ月連続の増加、北米が11カ月連続の増加、中南米が5カ月連続の増加、CISその他東欧が4カ月連続の増加の7地域が増加し、外需全体では17.9%の増加となりました。

 





(参考)工業会の概要

会 長

大橋 徹二(コマツ 代表取締役社長(兼)CEO)

所在地 〒105-0011 東京都港区芝公園3−5−8 機械振興会館2階
会 員 正会員(建設機械製造会社)65社、賛助会員50社


 

 
▼統計データ一覧