トップ概要案内

 わが国の建設機械産業は、戦後の高度経済成長の過程で内外の旺盛な需要の拡大に支えられ急成長を遂げ、わが国の主要産業の一翼を担い、同時に世界最大の建設機械生産国になるに至りました。
 このような業界の成長に伴って、内外の課題の急増への適切な対応と業界地位の向上を目指して、1990年に社団法人日本産業機械工業会より、分離独立、社団法人日本建設機械工業会を設立しました。「調和と発展による社会への貢献」を理念として掲げ、現在正会員65社、賛助会員として建設機械部品製造会社及び建機関連産業会社50社の参画を得、会員会社の売上高は、建設機械産業全体の97%をカバーしています。
 
 
 
会長のあいさつ   役員紹介   組織
あゆみ   所在地   業務・財務等に関する資料